読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真の管理は、 Lightroom と Google Photos で完璧だと思う

家族がいると、無限に写真が増えて行きます。 ここ最近、ずっと悩んでいた写真管理ですが、ここ1年ぐらいは、ほぼ固定の運用方法が決まってきましたので、ちょっとまとめます。

デジカメの吸い出しは、 Lightroom を使う

写真がデジタルになって、困るのは、データがほぼ無限に増えていくというところだと思います。データをバックアップするだけでも本当に大変です。 写真の管理を手動でやり始めると、物凄く時間がかかってしまいます。 なので、半自動の方法を模索しました。

そこで、いくつかソフトを試しましたが、自分としては、Lightroom というAdobe製品を使うことで解決しました。

Adobe Lightroom CCの購入 | デジタルフォトソフト無償体験版

Lightroom は、プロの写真家も利用している写真のためのアプリケーションです。色々と機能が盛りだくさんで、いつか使おうと思って、未だに使いこなせていないのですが、その中で、写真とビデオの読み込み という機能が秀逸です。

f:id:urapico:20170108060229j:plain

この読み込み機能のオプションに、サブディレクトリーというのがあり、撮影日付を選択できます。通常のデジカメのSDカードの上は、1つのディレクトリーの中に撮影した写真が、直列で並んでいて、これがPCに取り込む際に辛かったのですが、この機能のお陰で整理しながら、PCに取り込めて、幸せになれますw

バックアップは、 Google Photos で

PCに取り込んだ写真は、いつ何が起きるかわかりません。HDDが壊れて、データが紛失するかもしれません。この恐怖に打ち勝つために、クラウドサービスにバックアップは、必須です。 今は様々なバックアップサービスがありますが、ほぼ自動でバックアップが出来て、低コストで運用できるという利点から、 Google Photos が最終的な結論でした。

Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Smartphone は、直接 Google Photos にバクアップ & 削除

iPhone などで撮影することも多いので、スマフォの写真管理も悩んでいましたが、PCに取り込んで管理するのは、非常にめんどくさいので、直接 Google Photos にバックアップして、バックアップが終わったものは、自動で端末から削除するようにしています。 これによって、端末の容量を確保して、いつでも子どものベストショットを取れるような状態にしています。

Google Photos で、デジカメとスマフォのタイムラインは、いい感じ

デジカメとスマフォのデータを Google Photos で管理するといいのは、同一のタイムライン上に、写真が並ぶというのが非常に体験として良いです。 子どもの成長を見ていて、感動してしまいます。

その他

Lightroom のバグ??

Mac の Sierra で運用していましたが、Lightroom 5.7 のバグなのか、SDカードから読み込もうとしたら、強制で、SDカードがデタッチされる現象が発生してしましました。悲しい。。。

SDカードリーダーはあった方が良い

デジカメをUSBで接続すれば、吸い出しが出来ますが、これだとデジカメの電源も使ってしまい、つい写真を取りたいというときに、カメラの電源がないという自体になってしまいます。これを避けるために、SDカードリーダーを購入しました。

子育てをしながら、どのように学習し続けるのか

この記事は、子育てエンジニア Advent Calendar 2016 の24日目の記事です。

4歳と1歳の息子がいます。webエンジニアでパパをやっています。
エンジニアという職種は、新しい事柄や基礎について学習が必要です。子どもが生まれると自由な自分の時間というものがなくなりますので、エンジニアとしては、死活問題です。
そこで自分が今、挑戦し試している方法をいくつかまとめたいと思います。だれか子育てしている人たちの参考になれば幸いです。

強制的な時間の確保

業界的に新しい技術が日進月歩のごとく目まぐるしく出て来る性質のため、牛歩並に遅くても前進し続けるように学習するのが重要です。
また、子育てというのは性質上いくらでも時間を書けることが可能です。
毎日の生活の中で、強制的な時間を確保する必要があります。
私は、通勤時間が1時間40分程度あり、そこを毎日の学習の要として活用しています。

電車内で最適な学習環境を整える

重要な学習時間を作り出すために、電車内の最適化にはお金を投資しますw

両手フリーな状態を作る

iPhoneなどスマフォは手放せません。
車内で機動力を確保するために、両手を空け他のデバイスも使えるように、スマフォについては、ネックストラップを活用しています。
私は、以下の商品を使っています。

スノーピーク(snow peak) SPアウトドアストラップ  UG090GD
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)
売り上げランキング: 114,141

読書はkindleマンガモデル

学習のためには、本を読む方法がありますが、技術書となると、分厚すぎて持ち歩くだけで疲れてしまいます。
また自分の学習スピードを最適化するためには、気分によって読む本を変えたりできるのが良いです。
そこで、35Gのマンガモデルを利用しています。なるべく紙の本は購入しないようになりました。Kindleの良いところは、マーキング機能です。MacKindleとも連携可能なので、電車内で印をつけて、帰ってMacで確認するということもシームレスに可能です。

f:id:urapico:20161224061302p:plain

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle for Macの最新バージョンをダウンロードする

f:id:urapico:20161224061907p:plain

行き帰りの車内でやることを管理する

ついついYoutubeをみたり、ダラダラしてしまうことがあるので、それを管理するために、iOSのアプリを利用しています。 見た目のUIも触り心地も気持ちがいいので、毎日触りたくなります。

Productive habits & daily goals trackerを App Store で

f:id:urapico:20161224061246p:plain

自宅の環境整備

特にWeb系エンジニアの場合、自宅のネットワークに関しては、安定・高速なことは重要です。 ネットワークが不安定だと生協の発注やCookpadに時間が取られてしまい、無駄な時間が発生してしまいます。しかも毎日ネットは使いますので、時間短縮という観点では、ネットワークの最適化は、非常に重要だと思います。
我が家も先日、Nuro化をはたして、無駄な時間やストレスが低減出来ました。

寝かしつけトラップ対策

小さい子どもを子育てしている中では、子どもが寝たあとは集中した貴重な学習時間です。電車内では、パソコンなどを使った学習は、難しいので、Web系エンジニアとしては、パソコンの前で作業する時間も重要です。
ただ、ここで非情なトラップがあります。ミイラ取りがミイラになる、寝かしつけしていたのに、パパが寝ているですw。
どんなに精神を鍛えてもこれに逆らうことは、難しいです。

Pebbleのバイブ機能を活用

一応、寝かしつけトラップ対策として、Pebbleを活用しています。Pebbleは、バイブで通知を知らせてくれる機能がありますが、アラームも同様の方法を利用できます。 子どもの寝かしつけのあと、自分が起きたい時間を2、3種類ほど設定して、なんとかミイラ状態から蘇るように対策しています。 ただ、失敗に終わる日も多いですw

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android

f:id:urapico:20161224061348p:plain

おわりに

こんな感じで、日々奮闘していますが、大変ですが、まぁ我が子が可愛いというので、今後も色々と最適化をし続け家族のために自分のために、仕事がんばるぞ!!って感じです。
ありがとうございました!!

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

納得ポイント

  • マルチタスクはするな
  • ラストスパートはするな(スタートダッシュが重要!!)
  • スケジュール調整は、最後にするな(最初に見積もりをして交渉を最初にうちに)
  • 徹夜はするな(意味がない)
  • ルールに従うな(本来の意味を考えよう)
  • 勉強のための勉強はするな
  • 集中できない仕事はするな

興味深かったポイント

日本人とアメリカ人の考え方の違い

  • "日本では夜遅くまで会社に残ることが美徳とされてます。"
  • "それは、アメリカ人が家族を大事にしているからです。"
  • "日本では、仕事より家族を優先するとやる気がないように思われます。"
  • "会社を重視しすぎるあまり、仕事の生産効率が落ちている"

スラックの話

アメリカかのどこかの病院の話で、手術室が2つしかなく、急患の患者を受けながら、 年間の手術の数を増やすための解決策の話は、なかなか日本人では、思いつかない内容だと感じた。 それは、常に1つの手術室を空けておくということでした。 スラックと呼ばれる精神的余裕の大切さ、スケジュール通り進めることによって、集中することができ、効率的に進めることができるといった内容でした。

いろいろな場面で参考になりそう。

まとめ

時間を制する者は、世界を制す

TerraformによるConsulの導入の考察

これは、Goodpatchのアドベントカレンダー 18日目の記事です。

こんにちは、Goodpatchでエンジニアをしている@urapicoです。

先日、GoodpatchのサービスのProttのインフラを専用サーバーからAWSに全て移行しました。 特に骨が折れたのは、S3の引っ越しですが。。。

今回は、HashiCorpで有名な2つのプロダクトTerraformとConsulについてです。

続きを読む

PHPのExceptionについてQiitaにちょっと書いてみた

PHPのExceptionの処理で、catchしたら、どうするのがいいのか - Qiita

これであっているのかなぁ。。。

なぜ、Symfony2が良いのか?

今まで、PHPのいくつかのフレームワークに触れる機会が、あります。

自分なりに振り返り。。。
触ったことのあるフレームワーク
触ったことのないフレームワーク(気になっているけど)
 
以下の項目を理由に、いまのところ、自分の中では、Symfony2が一番というのが結論。 
  • コード書きやすさ(保守性)
  • コード読みやすさ(保守性)
  • 設計しやすさ
  • バグ混入率
  • ドキュメントの充実
  • コミュニティの活発
  • 開発活発
  • 潮流にのっているのか
まだ、有名なCakePHPに触れていないので、今度触ってみようかと思う。 

Symfony2の最初の印象

メインの開発で利用していたsymfony1系の開発が終了するとのことで、次のメインとなるフレームワークを探していて、当たり前のように Symfony2を触り始めた。

最初の壁は、いろいろあったが、強いて言えば、アノテーション

Javaでは、現在ネイティブにサポートされている機能だが、PHPでは未対応だけれども、フレームワークでは、アノテーションを採用していた。

普段のPHPコメントアウトの領域に、いろいろと定義を記載するのは、当初はなれなかったが、使っているうちに、直感的に利用することが可能へとなっていった。 

テンプレートエンジンTwig

当初、テンプレートエンジンのtwigも厄介に感じていた。

PHPの関数とかが使えないのにストレス感じていたが、extendsなど理解が深まると同時に、素のPHPより見通しの良い書き方ができるようになってきた。

なんだか設計がワクワク

Eventなども使って、いろいろな処理を実現していくことになれてくると同時に、Symfony2で設計すること自体が楽しくなってきてしまう魔力があります。

 

最後に

まぁ、Symfony2がおすすめということです。

今年の目標

  • 健康
  • 新しいことに貪欲
  • 家族と楽しく過ごす

とにかく運動を始めないと。 錦織くんが活躍しているので、テニスかなぁ。。。