写真の管理は、 Lightroom と Google Photos で完璧だと思う

家族がいると、無限に写真が増えて行きます。 ここ最近、ずっと悩んでいた写真管理ですが、ここ1年ぐらいは、ほぼ固定の運用方法が決まってきましたので、ちょっとまとめます。

デジカメの吸い出しは、 Lightroom を使う

写真がデジタルになって、困るのは、データがほぼ無限に増えていくというところだと思います。データをバックアップするだけでも本当に大変です。 写真の管理を手動でやり始めると、物凄く時間がかかってしまいます。 なので、半自動の方法を模索しました。

そこで、いくつかソフトを試しましたが、自分としては、Lightroom というAdobe製品を使うことで解決しました。

Adobe Lightroom CCの購入 | デジタルフォトソフト無償体験版

Lightroom は、プロの写真家も利用している写真のためのアプリケーションです。色々と機能が盛りだくさんで、いつか使おうと思って、未だに使いこなせていないのですが、その中で、写真とビデオの読み込み という機能が秀逸です。

f:id:urapico:20170108060229j:plain

この読み込み機能のオプションに、サブディレクトリーというのがあり、撮影日付を選択できます。通常のデジカメのSDカードの上は、1つのディレクトリーの中に撮影した写真が、直列で並んでいて、これがPCに取り込む際に辛かったのですが、この機能のお陰で整理しながら、PCに取り込めて、幸せになれますw

バックアップは、 Google Photos で

PCに取り込んだ写真は、いつ何が起きるかわかりません。HDDが壊れて、データが紛失するかもしれません。この恐怖に打ち勝つために、クラウドサービスにバックアップは、必須です。 今は様々なバックアップサービスがありますが、ほぼ自動でバックアップが出来て、低コストで運用できるという利点から、 Google Photos が最終的な結論でした。

Google フォト - 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

Smartphone は、直接 Google Photos にバクアップ & 削除

iPhone などで撮影することも多いので、スマフォの写真管理も悩んでいましたが、PCに取り込んで管理するのは、非常にめんどくさいので、直接 Google Photos にバックアップして、バックアップが終わったものは、自動で端末から削除するようにしています。 これによって、端末の容量を確保して、いつでも子どものベストショットを取れるような状態にしています。

Google Photos で、デジカメとスマフォのタイムラインは、いい感じ

デジカメとスマフォのデータを Google Photos で管理するといいのは、同一のタイムライン上に、写真が並ぶというのが非常に体験として良いです。 子どもの成長を見ていて、感動してしまいます。

その他

Lightroom のバグ??

Mac の Sierra で運用していましたが、Lightroom 5.7 のバグなのか、SDカードから読み込もうとしたら、強制で、SDカードがデタッチされる現象が発生してしましました。悲しい。。。

SDカードリーダーはあった方が良い

デジカメをUSBで接続すれば、吸い出しが出来ますが、これだとデジカメの電源も使ってしまい、つい写真を取りたいというときに、カメラの電源がないという自体になってしまいます。これを避けるために、SDカードリーダーを購入しました。