読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、Symfony2が良いのか?

今まで、PHPのいくつかのフレームワークに触れる機会が、あります。

自分なりに振り返り。。。
触ったことのあるフレームワーク
触ったことのないフレームワーク(気になっているけど)
 
以下の項目を理由に、いまのところ、自分の中では、Symfony2が一番というのが結論。 
  • コード書きやすさ(保守性)
  • コード読みやすさ(保守性)
  • 設計しやすさ
  • バグ混入率
  • ドキュメントの充実
  • コミュニティの活発
  • 開発活発
  • 潮流にのっているのか
まだ、有名なCakePHPに触れていないので、今度触ってみようかと思う。 

Symfony2の最初の印象

メインの開発で利用していたsymfony1系の開発が終了するとのことで、次のメインとなるフレームワークを探していて、当たり前のように Symfony2を触り始めた。

最初の壁は、いろいろあったが、強いて言えば、アノテーション

Javaでは、現在ネイティブにサポートされている機能だが、PHPでは未対応だけれども、フレームワークでは、アノテーションを採用していた。

普段のPHPコメントアウトの領域に、いろいろと定義を記載するのは、当初はなれなかったが、使っているうちに、直感的に利用することが可能へとなっていった。 

テンプレートエンジンTwig

当初、テンプレートエンジンのtwigも厄介に感じていた。

PHPの関数とかが使えないのにストレス感じていたが、extendsなど理解が深まると同時に、素のPHPより見通しの良い書き方ができるようになってきた。

なんだか設計がワクワク

Eventなども使って、いろいろな処理を実現していくことになれてくると同時に、Symfony2で設計すること自体が楽しくなってきてしまう魔力があります。

 

最後に

まぁ、Symfony2がおすすめということです。