読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebDAVの設定を行いました

自宅のローカル環境にデスクトップのCentOSがあり、そこを中心にいろいろ勉強しています。

先日からSubversionの入れて、勉強をしています。

今日は会社から帰ってきて、WebDAVをインストールしていました。

下記のサイトを参考にしました。
>>Fedora Core 3 で WebDAV/Subversion を使おう←感謝

なんとか、素直に動いてくれました。でもローカル環境なら許される設定になってしまってます。

今後は、どういった形にしていこうか考え中(&&勉強中)。。

追記

ローカル環境内でデスクトップのCentOSからノートPCのcolinux(FC7)にチェックアウト成功!!

これで普段家にいるときの開発はCentOSでやって、外でやりたいとき(妄想ではおしゃれな喫茶店)はチェックアウトして、終わったらコミットするって感じなことができそうです。

いや〜、外でやるかな。。

追記2

あんまり、subversion.confの設定の意味がよくわかっていない。

そのため、下記サイト参照

最初、AuthUserFileとか制限ぽい設定しているのになんで、自由に読み込めたり、チェックアウトできたりするんだと思ったら、subversion.confでAuthUserFileとかをでくくっていることに気づき、「あ〜、読み込み自由なんだ」と気づく。

[>Subversionサーバの設定