読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perlのifの&&とか||っておもろいわ〜

Perlのifの&&(または||)の動きを知って、「そういうことかぁ〜」と関心しています。
※なんとなく、平均値の算出して、出力するって感じです。

if ( ($a != 0) && ($total/$a < 10) ) {
  print "aaa";
}

0の除算を防ぐ方法をPerlだと↑こんな風に書けちゃうんですって。

う〜ん、Javaだとこうした書き方しないなぁ。つうかできないのかな。

int a;      // 合計数が入っているとして・・・
int total;  // 合計値が入っているとして・・・

if (a != 0) {
  if (tota/a < 10) {
    System.out.println("aaa");
  }
}

とか

int a;
int total;
int result;

if (a != 0) {
  result = total/a;
}
if (result < 10) {
  System.out.println("aaa");
}

とかこのぐらいの長さ、タイプ量になるのかな。

もしかしたら、Javaでももっとスマートに書くやり方があるかもしれませんが、つくづくPerlってスマートだと思います。

でもそれってきっとJavaと比べてで、もっとスマートな言語もいくつもあるのでしょうね。

まだまだ、そこは未開拓。。

追記

Javaでも書けるとご指摘有難うございます。まだまだ勉強がたりないですね。

今酒入っているので、明日試します。

追記②

普通にJavaでもできました。

こうしたいろいろな書き方を勉強しないといけませんね。